ラガー我と思う隔たりシャツ

この画面は、簡易表示です

3月 10, 2020

妊娠期の体重増えすぎ防止ダイエット

つわりが食欲がなくなって吐く方ではなく、空腹で気持ちが悪くなる「食べづわり」だったため、
正月太りもあって妊娠4ヶ月から5ヶ月の間に体重が3キロも増えてしまい、担当医の先生に「暫くは体重は横這いになるように」と注意されてしまいました。

運動で体重管理しようと思わないでください、呼吸量は増えないのに赤ちゃんが呼吸するぶんが増えているのだから
酸欠になってよくない、と言われたので、食事改善をしました。

油物は極力避ける、麺類はたまに食べても汁は飲まない、間食は塩がついていない昆布とこんにゃくゼリーにする、
上記以外のお菓子はなるべく昼までに食べる、どうしてもパワーが足りないと感じたら一本満足プロテインバー、
夕飯は極力ご飯と味噌汁だけに止めて味噌汁にはおからパウダーを入れる、牛乳を豆乳に、などです。

すると毎日体重を計測していたこともあって、5ヶ月から6ヶ月の間は殆ど体重が増えず、お医者さんからも注意はありませんでした。

出汁ダイエットで痩せてきました(経過途中です)

出汁ダイエットを始めて2ヶ月ですが、3キロ痩せました。
出汁ダイエットとは鰹節30グラム、切り昆布(塩なし)10グラム、お茶葉(5グラム)、煮干し(10グラム)を
ミルサーで撹拌しパウダー状にしたものを、一日1杯は飲むというものです。

私は朝起床後ゆっくりと出汁を飲む時間を作ります。飲み始めてからはあまりお腹がすかなくなりました。
なので空腹時などにも飲むようにしたらお正月を挟む2ヶ月ですが(正確には1ヶ月半ぐらい)で3キロ減の状態です。
変化としてはお腹が余り空かない事、食の好みがこってりよりあっさりしたものを好むようになりました。

また和食を作り食したいと思うように心が変化したので、気持ちの向くままに和食を作り食しています。
そうするとおのずと魚が食べたくなり、肉料理でもあっさりした部位での食事をしたくなってきました。きっと味覚が変化してきているのだと思います。

家族の食事も作らなくてはいけないので、志向を合わせるのはとても大変ですが皆が健康になりそうな食事で尚且つ
無理しての食事内容変更でなく気持ちの上からの変更でとても簡単にダイエットが出来ていると思います。
また、この上にストレッチなども併せてみようかと思っています。

半年で10kgの減量に成功した体験談

私は社会人1年目に人生過去最大体重の55kgになりました。
社会人になり、デスクワークで体を動かす時間が減ったにも関わらず、食べたいものを食べたいだけ食べていたことが原因です。
そんなとき、友人に紹介してもらった男性とメールのやりとりをしていました。

しかし、そんなデブの醜い姿で会うことはできないと思いダイエットを決意しました。まずは食事制限をしました。
でも、無理な食事制限をすると体にもよくないしリバウンドの可能性も考えられたため、朝昼は普通に食べ、夜は炭水化物を抜きました。

また、ジムにも入会しました。元々走ることは苦ではなかったので、ジムでランニングマシンでとにかく走りました。
そんな生活を続けていると1カ月もしないうちに3kgは簡単にやせることができました。
少しでも痩せると、自分自身のモチベーションをアップすることができ、さらにダイエットを頑張ろうという気持ちになりました。

また、紹介してもらった男性にも会いたかったので、つらいときはいつも好きな人を妄想しながら頑張りました。
それを6カ月続けた結果、10kgの減量に成功です。

ちなみに紹介していただいた男性は、7kg痩せたときくらいに会うことになり、今は私の主人です。
結婚後も、妊娠出産で体型が変化したときは、「主人に似合う奥さんでありたい」という気持ちでダイエットに励んでいます。

炭水化物抜きでダイエットへの道

もともと食べたら食べた分だけ体に余分なものが付いていくので、日頃から運動をしています。やはり有酸素運動を中心に行っています。
家の辺りを40分程歩いていますが、基本は長続きしない苦痛を感じる距離は最初から歩かない事です。
その為にも、最初は時間も距離も短くして次第に長くしていきます。

また、それと同時に無酸素運動も心掛けています。筋肉をつける事で脂肪を燃焼させやすくする為です。
もちろん、運動だけではなく食事にも気を付けています。それは、炭水化物を多くとらない事です。

ですが日本人ですのでやはりお米等は大好きです。
なのでまったく炭水化物をとらないと言う訳ではなく、昼ごはん・夕ごはんのお米の量をいつもより減らします。
その減らし方も、いきなり減らしてしまうとお替りをしてしまいそうになるので、徐々に減らしていきます。
そして、ゆっくりと噛んで食べていきます。そのおかげで、体重も一気に減るのではなく徐々に減らす事に成功して体への負担も減らしました。




top